「民宿」と「旅館」と「ホテル」の違い

旅行の宿泊先は「旅館」派ですか?

それとも「ホテル」派?

はたまた「民宿」派ですか?

泊まれるならどこでもいいよ!と思われるかもしれませんが、この3つには違いがあるので、きちんと把握した上で宿泊先を選んだ方が、旅行がもっと楽しくなりますよ。

ここでは「民宿と旅館とホテルの違い」について説明します!

【スポンサーリンク】

民宿とは

太郎
旅館業法の定めに満たない宿泊施設のことをいいます。
経営者は農業や漁業を本業としている人が多く、海水浴などレジャーシーズンのみ「民宿」も経営しています。

本業の傍らで経営しているので、ガッツリ稼ぐことに重点を置いていません。

そのため、リーズナブルなお値段で宿泊することができますが、他の宿泊者や経営者の家族と食事をとったり、トイレや風呂が共同だったりとするところがあります。

今ではプライバシーの配慮から経営者の家族と生活スペースが別なところが増えてきています。
旅館業法を満たしていませんが、簡易宿所営業の許可(客室の延べ床面積が33平方メートル以上ある等の条件必要)を取っていることろが多くあります。

旅館とは

桃子
旅館業法を満たしていて、主に和室の部屋数が5室以上、1部屋あたりの広さが7平方メートル以上の宿泊施設のことをいいます。
和室にもベッドがあるところがあるので、布団ではなかなか寝ることができない人でも利用できます。

食事は各自の部屋でとることが多く、その際は仲居さんがすべて配膳してくれるので、日本ならではのホスピタリティを感じることができます。

もちろん、仲居さんの配膳サービスをお断りすることもできますよ!

【スポンサーリンク】

ホテルとは

太郎
旅館業法を満たしていて、主に洋室の部屋数が10室以上、1部屋あたりの広さが9平方メートル以上の宿泊施設のことをいいます。
寝具は主にベッドで、1名から気軽に宿泊することができます。

1名で利用している人が多いので、1部屋ごとに鍵が付いている等セキュリティ面バッチリです。

食事サービスがあるところは、〇時~〇時までに食事をとってくさいねという時間の縛りはありますが、時間内なら好きな時間に食事がとれます。

1人で自由に気軽に宿泊できるのがいいところですね。

民宿と旅館とホテルの違いまとめ

この3つは旅館業法を満たしているかという点や客室、施設の雰囲気が違っていました。

  • 「民宿」…旅館業法を満たしていない。経営者家族や他の宿泊者と団らんをとることができる。
  • 「旅館」…旅館業法を満たしている。食事時は仲居さんが配膳してくれたりと、そこの施設のホスピタリティを直に感じることができる。
  • 「ホテル」…旅館業法を満たしている。各部屋に鍵が付いており、セキュリティ面万全!1人旅にピッタリで、気軽に自由に過ごすことができる。

3つの違いは色々とありましたが、特に雰囲気の違いはハッキリとしています。

知らない誰かと過ごしたい人は「民宿」、リッチに過ごしたい人は「旅館」、自由に気ままに過ごしたい人は「ホテル」を選んだらいいかもしれませんね。

自分に合った宿泊先選んで、旅行をもっと楽しみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク