「香水」と「オーデコロン」と「オードトワレ」の違い

お店や街中などで、ひととすれ違ったときにふんわりといい香りをさせている人がいますよね。

他にも、自分自身外出時などに好きな香りを身に着けていく人もいると思います。

このような香りをつけるものを「香水」と言いますが、他にも「オーデコロン」「オードトワレ」というものもありますよね。

どれも香りを身に着けるものなので、同じもので呼び方だけが違うと思っていませんか?

実は、「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」の3つにはきちんと違いがあるのです。

今回は「香水」と「オーデコロン」と「オードトワレ」の違いと意味についてご説明いたします。

【スポンサーリンク】

「香水」の意味

太郎
「香水」とは、香料をアルコールで溶かした液体の総称です。

香りを身に着ける際に使用するものに、先ほどの「オーデコロン」「オードトワレ」のほかに、「オードパルファム」「パルファム」というものがありますよね。

これらはすべて香料をアルコールで溶かした液体の為、総称して「香水」と呼びます。

実は、日本では、香水の分類に特に規制はありません。

その為、香水の種類は一応規定を設けて分けていますが、その分け方はメーカーによって違うこともあります。

「オーデコロン」の意味

桃子
「オーデコロン」は香水の種類の一つで、香料濃度1~5%で持続時間が1~2時間のものを言います。

オーデコロンは、香水の種類の中でも一番香りが軽いものなので、初めて香水を使う人や、ほんのりとした香りを楽しみたい人に向いています。

オーデコロンの場合、他の香水と比べるとかなり香料濃度が低いので、香水と分けて「オーデコロン」という場合もあります。

もちろんオーデコロンの規格もメーカーによって多少違いがあることもあるので、特に初めて香水を使いたいという人は、一度試してみてから使うといいですよ。

「オードトワレ」の意味

桃子
「オードトワレ」は、香水の種類の一つで、香料濃度が5~10%で持続時間が3~4時間のものを言います。

オードトワレは香水の中でオーデコロンの次に香料濃度が高く、持続時間が長いものとなります。

ふんわりとした香りと持続時間の長さから、パルファムやオードパルファムよりも軽く香水を楽しみたいという人に人気があります。

さらに、香りの濃度から普段使いに使用するのに適していると言えます。

香水の中で一番多く販売されていて、種類が一番多いのもこのオードトワレです。

香水は普段使いしているけど、どの分類に属するものかわからないという人は、たぶんこの「オードトワレ」を使用している人が多いと思いますよ。

【スポンサーリンク】

「パルファム・オーデパルファム」とは?

香水の中には、オードトワレ、オーデコロンのほかに、「パルファム」「オーデパルファム」というものがあります。

パルファムは幸水の中で一番香料濃度が高く、15%~20%、オーデパルファムは10%~15%とパルファムの次に香料濃度が高くなっています。

オードトワレ、オーデコロンと比べると持続時間も香料濃度も高いため、値段も高めに設定されていて、どちらかというと香水上級者向けのものという事が言えます。

「香水」の正しい付け方

香水を使用するとき、どの部分につけていますか?

よく聞くのは、手首の内側につけるとよいというものですよね。

確かに、手首の内側は良く動くので動くたびに香りがふんわりと香っていいかもしれません。

しかし、香水というのは香料をアルコールで溶かした液体の為、アルコールが蒸発するときに香りを発するのです。

その為、体温が高いところにつけるとより効果が得られるといわれています。

実は、香水をつける場所としておすすめなのが、ひじの内側という事を知っていますか?

確かに腕首でもいいのですが、衣類の袖や他のものにこすれることが多く、持続時間が短くなってしまうのです。

香水はちょっとした量でも意外と周りの人には匂うものなので、一滴つければ十分。

あまりつけすぎると周りの人に迷惑になるのでやめましょう。

「香水」と「オーデコロン」と「オードトワレ」の違いのまとめ

「オーデコロン」「オードトワレ」「香水」の一つで、「香水」は香料をアルコールで溶かした液体の総称であることがわかりましたね。

香水の違いは香料濃度や持続時間によって分類されていて

  1. パルファム
  2. オーデパルファム
  3. オーデコロン
  4. オードトワレ

の順に香りの強さが違うものなのです。

「香水」を利用する理由は人それぞれですが、香りの好みは人によって違います。

あまり強い香りのものをつけすぎて、周りに迷惑をかけないように楽しみましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク