「ベランダ」と「バルコニー」と「テラス」の違い

引っ越しを考えた場合、もちろん家の広さや間取りも気にしますが、屋外のことも気になりますよね。

不動産屋さんなどで物件を見せてもらうと目にするのが、「ベランダ」「バルコニー」「テラス」の文字。

「どれも同じじゃないの?」と思ってしまいがちですが、実はこの3つにはそれぞれ定義が違っているものなのです。

今回は、ベランダとバルコニーとテラスの違いと意味についてご説明します。

【スポンサーリンク】

「ベランダ」の意味

ベランダと聞くと、「洗濯物を干す場所」なんて言うイメージを持つ人もいるのではないでしょうか?

洗濯物が干せるという事は、屋根がなければ雨の日などに洗濯物が濡れてしまいますよね。

太郎
ベランダというのは、建物の外に張り出し、さらに屋根がついているところのことを言います。

他にも、建物側から出入り口があり、人が歩けるほどのスペースがあることもベランダの条件となります。

マンションの屋外もそのほとんどがベランダとなるため、日本人ならベランダとバルコニーとテラスなら「ベランダ」という呼び方が一番なじみがあるのではないでしょうか?

「バルコニー」の意味

バルコニーと聞くとベランダと比べると、ちょっとおしゃれな感じがしますよね。

しかし、おしゃれだからと言ってバルコニーと呼ぶというわけでなくきちんと定義があるのです。

バルコニーというのは、まず2階以上の高さが絶対条件です。

ベランダなら1階でも条件に合えばベランダと言うことができます。

さらに、もう一つベランダとの大きな違いは、屋根がないという事。

そして、きちんと手すりがあることもバルコニーの定義となります。

桃子
バルコニーは、2階以上の高さがあって、屋根はありませんがきちんと手すりがある場所のことを言います。
【スポンサーリンク】

「テラス」の意味

ベランダとバルコニーと似た意味で、もう一つ混乱してしまうのが「テラス」ですよね。

ではテラスの意味はどのようなものになるのでしょうか?

太郎
テラスとは、1階の建物から続いた屋外部分で、高さは1階の部屋とほぼ同じ高さのことが多く、屋根がついていないところを言います。

1階部分なので、特に手すりの有無は関係ありません。

つまり、1階の建物から続いた屋外で、屋根がついていれば「ベランダ」屋根がついていなければ「テラス」という事になります。

「ベランダ」と「バルコニー」と「テラス」の違いのまとめ

  • 建物からせり出した部分で屋根のある場所を「ベランダ」と言います。
  • 2階以上で屋根がなく手すりがある場所を「バルコニー」と言います。
  • 1階部分で屋根がない場所を「テラス」と言います。

このように、ベランダとバルコニーとテラスにはきちんとした違いがあるのです。

最近では、洋風の建物に対して1階で屋根がある場合でも「テラス」と呼んだり、2階以上で屋根がなく、本来バルコニーと呼ばれる場所でも「テラス」と呼ばれることがあります。

しかし、これは洋風の建物に対して雰囲気だけで呼んでいる物であって、本来の定義とは異なった呼び方になります

スポンサーリンク
スポンサーリンク