「アイスクリーム」と「シャーベット」の違い

段々暑さが増し、いよいよ夏本番が近づいていますが、そんな暑い日に食べたくなるものが、冷たい「アイスクリーム」ですよね。

冷たいデザートというと他にも、ジェラートやかき氷、シャーベットなど、冷たい食べ物は沢山ありますが、中でも「アイスクリーム」「シャーベット」を選ぶ際に、皆さんはどんな違いを判断して選んでいますか?
多くの方のイメージは、「アイスクリーム」がクリーム系で、「シャーベット」が氷系のアイスというようなイメージかと思います。

では実際に、「アイスクリーム」と「シャーベットにはどのような違いがあるのでしょうか。
また「アイスクリーム」と「シャーベット」のカロリーには違いがあるのでしょうか。
「アイスクリーム」と「シャーベット」の違いとカロリー比較について、まとめてみましたので、是非読んでみてください!

【スポンサーリンク】

アイスクリームとは

食品衛生法での種類別では、アイスクリーム」乳固形分15.0%以上うち乳脂肪分8.0%以上と定められており、乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれている、ミルクの風味を強く感じられるアイスとなります。

シャーベットとは

「シャーベット」は、氷菓あるいははじけるキャンディーのことです。
「シャーベット」の語源を調べてみると、「シャーベット」の語源はアラビア語の「シャルバート」だそうです。

呼び方については、いくつかの国で呼び方が異なり、イタリアでは「ソルベット」、フランスでは「ソルベ」、英語では「シャーベット」と呼ばれていたようです。

また、アイスクリームやジェラートより脂肪分が少なく、主に果汁をメインとしている氷菓子が「シャーベット」です。

太郎
シャーベットの語源である、アラビア語の「シャルバート」とは、果物などから作ったシロップを水で薄めて、氷で冷やした飲み物を意味するものだそうですよ。

「シャーベット」乳固形分3.0%未満の凍ったお菓子であるため、食品衛生法上では「氷菓」に分類されます。
「シャーベット」の主な例としては、果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがあります。

アイスクリームとシャーベットのカロリー比較

「アイスクリーム」「シャーベット」の100gあたりのカロリーと他に脂質と炭水化物を比較してみました。
数値は日本食品成分表の数値です。

アイスクリーム 100gあたり カロリー180kcal、脂質8.0g、炭水化物23.2g

シャーベット  100gあたり カロリー127kcal、脂質1.0g、炭水化物28.7g

「アイスクリーム」は「シャーベット」よりも乳脂肪分が多く含まれているものだとお話しました。

「シャーベット」は果物を主に使用している氷菓であるため、「アイスクリーム」よりも脂質含有量は圧倒的に少ないですが炭水化物(いわゆる糖分)は、「アイスクリーム」よりも高いが分かります。
果物には果糖が多く含まれているため、脂質が少ない分、甘さである糖分は多いです。

【スポンサーリンク】

まとめ

「アイスクリーム」「シャーベット」の違いでは、乳脂肪分の含有量が大きく違うという事でした。
「アイスクリーム」「シャーベット」のカロリー比較では、「アイスクリーム」の方が「シャーベット」よりもカロリーが高という結果でした。

暑い夏の季節には、「アイスクリーム」よりも「シャーベット」の方が人気が高いように感じますが、それは、乳脂肪分の含有量の違いによって、味わいに差が出ていたからという事ですね。

桃子
カロリーが気になるけどアイスが食べたい!という方におすすめなアイスは「シャーベット」となりますね。
これから「アイスクリーム」と「シャーベット」で迷った時には、是非両者の違いやカロリーの違いを思い出して選んでみてください!

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク
スポンサーリンク

逆引き検索