「和牛」と「国産牛」の違い

スーパーでよく見かける「和牛」「国産牛」

今まで同じ牛のお肉だと思って、特に気にせずに買っていました。

美味しければ問題ないと思って、特に気に留めずに焼肉屋で「和牛」「国産牛」をごちゃまぜにしてオーダーして焼いていました。

「このお肉ってなんだっけ」ということもしばしばありました。

ですが、本当にそれでいいのでしょうか。

もしかすると何か決定的な違いがあるのかもしれません。

今まで牛さんに失礼なことをしていたのかもしれません。

…ということで、今回は「和牛と国産牛の違い」について調べてみました。

【スポンサーリンク】

「和牛」の定義

「和牛」という漢字を見てみると、日本で生産された日本の牛さんのことではないかと思いますよね。

太郎
実は「和牛」は牛さんの産地を示しているだけではないのです。
牛さんの品種名のことをいいます。

「和牛」に認められるのは、

    • 「黒毛和種」、「褐毛(あかげ)和種」、「日本短角種」、「無角和種」の4品種と、この4品種間に生まれた牛さん

という品種以外に、

  • 日本生まれ、日本育ちの牛さん
  • 牛さんの品種と生まれ、育ち等の情報がインターネット上で見ることができる

というとてもシビアな条件が加わっています。

「和牛」の中で1番美味しいとされているのは「黒毛和種」で、飼育数が他の3種に比べて1番多く、日本各地で飼育されています。

赤身と脂肪がきめ細やかで、まろやかで柔らかく、風味が抜群にあります。

黒毛和種の肉質は、「最高の霜降り」といわれています。

「国産牛」の定義

「和牛」が日本で生まれ育った、選ばれた4品種の牛さんということはわかりました。

では「国産牛」とはどのような牛さんのことをいうのでしょうか。

桃子
「和牛」4品種以外の、日本で育った期間が海外で育った期間よりも長い牛さんのことをいいます。
なので、海外で生まれ育っても、日本で育った期間がそれよりも長ければ「国産牛」になるというわけです。

「和牛」の4品種以外の牛さんのことをいうので、本来乳牛であるホルスタインや、乳牛と和牛を親に持つ牛さんも含まれています。

以前は、3ヶ月以上日本で育っていたら、「国産牛」になるというルールがありましたが、平成16年9月より上記のような条件に改定されました。
【スポンサーリンク】

和牛と国産牛の違いのポイント

今回は「和牛」「国産牛」の違いがわかりました。

どちらの牛さんも日本で食肉用に加工されているのですが、日本生まれ、日本育ちで品種が限定されているのが「和牛」といい、品種が限定されていなくて、日本で育った期間が長ければ「国産牛」になると区分分けされていましたね。

「和牛」になる牛さんは情報開示等もシビアで、高値が付けらているのも頷けます。

焼肉の食べ放題で「和牛」「国産牛」があったら、「和牛」をたくさん頼もうと思いました。

スーパーでは、「和牛」は「国産和牛」の表示に加え、品種や原産地の表示もしているのがほとんどです。

「国産牛」は「国産牛」の表示に加え、品種の表示がされているものもあります。

国産の商品にこだわるときは、表示をよく見てお買い物をしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク